2013年07月03日

角田光代「空の拳」

角田光代さんのボクシングをテーマとした長編小説を読了。

ボクシングを題材にした小説を読むのは百田尚樹さんの「BOX!」以来。

この作品がとても面白くて同じ興奮を求め手に。

印象は、、、何か物足りない。

読みながらアドレナリンが放出されるような興奮がない。

作家のスポーツ小説への適性なのでしょうか。


続きを読む
posted by tetsu at 23:00| Comment(0) |

2013年06月30日

近藤史恵「サヴァイブ」

近藤史恵さんの自転車ロードレースシリーズが

もう一冊あることを知り即購入。

読了し考えさせられました。

どの世界でも上を目指す戦いは厳しい。

だけれどもズルはしちゃいけない。

ほんの一瞬魔が差して妙なエゴに足を取られれば、

崩壊への道を辿り始める。

その可能性は誰しもゼロではないのだと、、、


続きを読む
posted by tetsu at 23:01| Comment(0) |

2013年06月08日

村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

読み易く心に染みる作品でした。

それにしてもご多分に漏れずよく売れております。

しかし不思議な気もするんです。

村上春樹さんの作品は決して簡単じゃない。

でも良く売れる。

それってどういう事なのでしょう。


続きを読む
posted by tetsu at 23:54| Comment(0) |