2013年10月08日

そんな事を思いながら

三十代最後のこの一年。

何気なく過ごすか明確な意思を持って過ごすか。

やはり後者でいたい。

チャレンジを続けて新しいステップを踏まなきゃと思う。

そのために何をすべきか。

よく分からないこともあるけれど、

少しだけ分かることも。


二十代はとにかく攻めるしかなくて、

フリーランスで営業もかなり積極的。


実績は無くても「やれます」と言い放つ。

喋りでも制作でも何でもやる。

ゼロから始めて商品にするにはそれしかなかったので。


それからすると、

大したことはないけれど、

少しばかりは経験値が増して、

攻め一辺倒では足りない部分があることも分かってきた。


それは何なのか?


守るのとは違う。

攻めでも守りでもない「その間」にあるもの。

それが大切な気がする。


これまでは、、、

激烈でないとつまらない感覚がどこかにあり、

それをそのまま地で行くような日々だったけれど、

「淡々と磨く」というか・・・


その三番目の感覚のようなもの。

アンバランスな人間であるわたしには足りない。


それを少しずつでも身に付けたい。

すると見えなかった何かが見えてくるのかもしれない。

そんな事を思いながら39歳を生きてみます。





morning.JPG





posted by tetsu at 23:00| Comment(1) | 思うこと
この記事へのコメント
誕生日おめでとうございます
三十代最後、四十代にむけて…節目的な感じですよね。攻めと守りの間にあるもの、それが見えてそれが受け入れられるって素敵な歳を重ねてるからこそですね!
素敵な歳を満喫して下さい!
Posted by かずなり at 2013年10月10日 18:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。