2013年01月07日

新春初ライブっ!

川崎市元住吉にある、
ライブBARパワーズ2でおこなわれた、
Saigenji/サイゲンジさん出演のライブへいってきました。

久しぶりに拝見〜

これまで何度か見させてもらったものとは違って、
今回はオールセッション!

豪華なメンツでした!

マルコス・スザーノ(Pandeiro)
沼澤尚(Dr)
勝井祐二(Electric Violin)
Saigenji(Vo/Gt)

少し説明しますとー

マルコス・スザーノさんはパーカッショニストで、
主にパンデイロというタンバリンに似た楽器を使い、
ブラジル音楽には欠かせないというほど、
様々なアーティストの作品に参加しているかたで、
スティングのサポートなどもそうですし、
THE BOOMの宮沢さんのバンド、
GANGA ZUMBAのメンバーでもあります。

沼澤尚さんは知ってるひとも多いはず。
シアターブルックのドラマーで、
あたくしもそれで初めて存在をしりましたが、
チャカ・カーンのバックでも叩いていたという
日本を代表するドラマー。

エレクトリック・バイオリンの勝井祐二さんは、
はじめて拝見しましたが、
海外でも活躍するエレクトリック・バイオリンの探究者。

そして!

Saigenjiさんは、ブラジル音楽を中心に、
ラテンミュージックを得意とするミュージシャンで大好きです!

そんな4人が集結しセッション!

20時からのライブ開始で、
すこし遅れて登場した4人は約1時間のステージを
ノンストップで繰り広げ、
音の化学反応を楽しんでいました。

基本はラテンのリズムでしたが、
途中で中東?って感じのコーランみたいな旋律の部分もあり、
おもしろい展開でした。

それぞれがそれぞれを活かすために、
耳を研ぎ澄ませて体の反応を確かめながらの1時間のセッションライブ。

ディープだけど耳をもってかれる。

そもそもはSaigenjiさんの楽曲をやんのかな?
と思っていたので意外ではありましたがこれも良し!
貴重なライブでした。

1stステージ終了後Saigenjiさんが会場にいらっしゃったので、
声をかけさせてもらい写真を一緒に撮ってもらったのですが、
とっても気さくで良いかた!


これまで何度かライブに足を運ばせてもらったお話をさせてもらい、

「 福岡のサンセットライブのときに、
        一緒に写真を撮らせてもらったんですよー! 」
                            とお話すると、

「 あの駐車場のとこでしょ!覚えてますー! 」
                    といってくださり嬉しいこと!




さらにっ!



「 熊本でジェシー・ハリスとタイバンのとき最初固かったですよねー(笑) 」

 ( ジェシー・ハリス=ノラ・ジョーンズ「Don't Know Why」の提供者 )

とジョークを飛ばすと、


「 そうなんですあの時スゲー緊張してました(笑)
                だってジェシー・ハリスの前ですもん!? 」

って!

その素朴さも魅力なかたでした。

Saigenjiさんの音楽の魅力は、
パーカッシブなギター、フルート、ボイスパーカッション、ボーカル、
どれもそうですが、あの人柄があってこそだと思います。

あらためてそう感じました。

Saigenjiさん、
幕間にもかかわらずお話くださってありがとうございました!


saigenji.jpg
with Saigenji氏


saigenji2.jpg
最新アルバム「ONE VOICE,ONE GUITAR」


posted by tetsu at 23:56| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: