2018年03月25日

勝者への賛辞とともに

2017/18 SEASON 日本ハンドボールリーグ

プレーオフは初のステップラダー方式で開催され

大崎電気OSAKI OSOLが3年連続5度目の優勝!

レギュラーシーズンを18勝4敗2分の戦績で1位通過した勢いそのままに

頂点へと駆け上がりました。


DF48C394-6FB1-4E75-B6FB-F699DB3AD0B5.jpeg


Bリーグ川崎ブレイブサンダースは

アウェイで栃木に75-58で勝利を収めリベンジ成功。

レギュラーシーズン32勝目を挙げ東地区上位チームをロックオン。

日毎大きくなるチャンピオンシップへの足音を聞きながら

ホームで千葉・東京を迎え撃つ3月下旬の大勝負に挑みます。


image.jpg


バレーボールVリーグは

ALL-STARを盛況のうちに終え

2017/18シーズン全てのプログラムをコンプリート。

来シーズンから船出する新リーグへとタスキを繋ぎました。


5CF32391-D504-45EF-9833-E50BBFAE28DF.jpeg


初開催のIBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2018は

アルゼンチンとイングランドが相まみえた決勝で

PKまでもつれる接戦の末アルゼンチンが勝利を収め初代王者に。

日本は5位で終了。

東京オリンピック・パラリンピックを控え

ブラサカの持つ競技の魅力を広く伝えました。


8537B198-0EB7-4689-8CC1-AE98695BF73A.jpeg


スポーツの筋書きのないドラマは

その背景にあるものと相まって観るものを夢中にさせます。


光と影が交錯するそれぞれのストーリーがそこにあり

明日への一歩を如何に踏み出すのかが問われるこの時期

勝者への賛辞とともに

胸をぎゅっと掴まれる敗者への想いも重なり多感になるのが常。


表裏一体の物事を如何に捉えるのか。

構造の本質を察するにそう難しくはないけれど

気持を作り実行するのは容易ではない・・・


その無限ループを想像しすぎると

気力が失われかねないけれど現実を見つめ検証する必要はある。


それはスクラップ&ビルドに近い感覚で

その中でしか養えないものばかり・・・


ニーチェの言葉「脱皮できない蛇は滅びる」

それを強く想うのもこの時期のもう一つの常であり

スポーツを通してブーメランのように我へと還るその刃が

鋭く光っているのは言うまでもありません。




posted by tetsu at 19:59| Comment(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。