2015年08月03日

野口五郎氏 新譜リリースイベント MC

7/29(水)ゲートシティ大崎B1アトリウムで開催された、

野口五郎ダブルA面シングル「再会タイムマシン/Rainy〜会えない週末」

発売Talk & LiveセッションにてMCを務めさせて頂きました。

史上初!秋元康氏・筒美京平氏・つんく♂氏揃い踏みとなった

記念碑的新譜を歌う野口五郎さんを一目見たいと、

会場には多くのファンの皆さんが駆けつけておりました。


野口五郎 63th Single Release Event (2).jpg


1971年5月1日のデビュー以来、

今年で45周年を迎えられ、

益々その勢いを増している野口五郎さん。


新御三家のお一人として、

これまで芸能界の第一線を走っていらした、

言わずと知れたスターでいらっしゃいます。


そんな五郎さんが、

63枚目のSingleとしてリリースなさったのが、

ダブルA面「再会タイムマシン/Rainy〜会えない週末」です。


野口五郎 63th Single Release Event (5).jpg


―両曲のご紹介−

「再会タイムマシン」

作詞:秋元康 作曲:筒美京平 

<フジテレビ系列「全力!脱力タイムズ」エンディングテーマ>


その詞の世界は、

哀愁、寂寥感、大人の分別を、

ロマンチシズムを下地に描いています。


音楽性はミディアムテンポのAORで、

スタイリッシュさも持ち合わせています。


リードギターは五郎さんご本人が弾いていらして、

Funkyな音色を響かせており、

それが楽曲の良いスパイスに。


野口五郎 63th Single Release Event (13).jpg


編曲は佐橋佳幸氏(松たか子さんの旦那様)が担当し、

さらに楽曲を昇華させています。


「Rainy〜会えない週末」

作詞・作曲:つんく♂

<ABCラジオ「もうすぐ夜明けABC」ピックアップ曲>


楽曲のイントロから、

一聴してつんく♂氏のそれと分かる世界観が広がります。


大切な人を想いうが故の、

もどかしい気持ちを詞の世界で展開し、

それをアップテンポな楽曲に乗せて五郎さんが歌うと、

とても味わい深く、

他に類を見ない仕上がりとなっています。


野口五郎 63th Single Release Event (7).jpg


Talk & LIveセッションは大入り満員の大盛況で、

4度のトークセッションと5曲の披露という内容でした。


〜 イベントの大まかな流れ 〜

1975年に120万枚の大ヒットとなった

#@ 「私鉄沿線」から始まりわたくしも登壇。


野口五郎 63th Single Release Event (3).jpg


新譜リリース日のお気持ちや、

ここ最近のテレビの旅番組出演の際のエピソード、

ご一緒させて頂いた、

5/6(水・祝)のイベント以来の活動のお話などを伺い楽曲へ。


野口五郎 63th Single Release Event (4).jpg


#A 1973年のヒット曲「オレンジの雨」

#B 1974年にオリコン1位を獲得し95万枚のヒット曲「甘い生活」


筒美京平先生とのこれまでの軌跡、

つんく♂氏と楽曲制作に関してどのようなやりとりがあったのか、

そして曲を初めて耳にした時の印象等のトークから楽曲へ。


野口五郎 63th Single Release Event (9).jpg


#C「Rainy〜会えない週末」


曲明けで、ご来場者の皆さまからの質問にお答えする、

アンケートコーナーへ。


抽選で選ばれたお3方からの、

「五郎さんに影響を受けてバンドをしている男性をどう思いますか!?」

「秘密を一つ教えてください」等の質問に、

しっかりオチをつけてお応えくださり(笑)

会場は温かい雰囲気に。


野口五郎 63th Single Release Event (11).jpg


そして「再会タイムマシン」にまつわる話では、

この曲が生まれた経緯、

録音のスタイル、

ご自身が弾いているリードギターと、

編曲を担当されている佐橋佳幸氏とのやりとりの話などを伺い、

最後の楽曲へ。


野口五郎 63th Single Release Event (14).jpg


#D 「再会タイムマシン」


楽曲を見事に歌い上げ、

野口五郎の世界へとファンを誘いそのボルテージはMAXとなり、

その余韻冷めやらぬままにイベントは幕引きとなりました。


野口五郎 63th Single Release Event (8).jpg


この度、野口五郎さんと

2度目のお仕事をご一緒させて頂き、

貴重な時間を過ごさせて頂きました。


楽屋でも気軽にジョークを飛ばし、

気を遣ってくださる五郎さんのそのお人柄はやはり魅力的で、

人望の厚さとスター性は比例するのだと、

改めて感じたのでした。


野口五郎 63th Single Release Event (1).jpg


今回もお声掛けくださったことに、

心より感謝申し上げます。


そして、五郎さんのファンの皆さま、

温かく見守ってくださり有り難うございました。


野口五郎 Official Website
http://www.goro-net.com/

野口五郎 所属レコード会社
avex io Official Website
http://avex-io.com/noguchi/index.html


*写真は許諾の下に掲載しています。

無断転用は禁止とさせていただきます。




posted by tetsu at 06:00| Comment(5) | 仕事
この記事へのコメント
こんばんは 先日の大崎の新曲イベントの様子を詳しく書いてくださって、ありがとうございます。写真もとても良くとれていて、じっと見ました。お客様に男性の姿が沢山写っていて、とても嬉しいです。男性が耳を傾けたくなる歌謡曲を今歌えるのは、五郎さんがダントツなのではないかしら?と、思っています。落ち着いて聞ける歌・アップテンポな歌どちらもすごくうまいし、ギターも最高。そしてお話もお上手だし、好印象の歌手の上位に入るのではないでしょうか?私が行けなかったイベントについては、ファンサイトの投稿で読み、だいたいの様子はわかりましたが、今回写真を見せていただき、より会場の雰囲気がわかって嬉しいです。どうもありがとうございます。
Posted by めろん at 2015年08月05日 21:16
5月6日の幕張も7月29日の大崎も参加させて頂きました。高森さんのステキなMCのお蔭で楽しく過ごせました。ありがとうございました。
五郎さんと息がピッタリでしたね!五郎さんのことを良くご存じで感心致しました。しっかりと準備されたことと思います。五郎さんも楽しそうで、やりやすかったのではないかな〜と思いました。私はリラックスして、楽しく聞くことができましたよ。
予定を調整して参加したかいがあったと感謝しています。
また、機会があれば、よろしくお願い致します。
Posted by dolphin at 2015年08月05日 22:30
リポートを読んでくださり、またメッセージをくださり、ありがとうございます。

>めろんさん 五郎さんは男女を問わず、その歌で、ギターで、トークで魅了なさいますよね。仰るように好印象アーティストの上位だと感じます(^_^)

>dolphinさん トークセッションが弾むのは、五郎さんが「何を言っても大丈夫!」という懐の深さでいてくださる故です。まさにお人柄です(^_^)
Posted by 高森てつ at 2015年08月08日 13:10
こんにちは。
幕張イオンと大崎のイベントに参加させていただきました。
どちらも高森さんのおかげでおおいに盛り上がりましたね。
この様なイベントはMC次第と思います。
五郎さんがどんなに良くてもその良さを引き出してくれるMCじゃないと不完全燃焼になってしまいます。
大崎は2度目ということもあり五郎さんもかなりリラックスされていたように思います。
五郎さんの魅力を最大限に引き出してとても素晴らしいステージに仕上げていただき感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもお体に気をつけて益々ご活躍されることを心よりお祈り致します。
Posted by ゆき at 2015年08月11日 06:19
>ゆきさん 

メッセージをくださり有り難うございます。

五郎さんのお人柄と、
五郎さんファンの皆様の温かい眼差しで、
わたしも楽しくお仕事させていただきました。

またお役に立てますと幸いです(^_^)
Posted by 高森てつ at 2015年08月12日 10:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。