2015年05月31日

第5回横浜カップジュニア体操競技選手権大会 実況

5/1よりYOUテレビにて、

解説:白井勝晃さん/実況:高森てつでお送りして参りました

「第5回横浜カップジュニア体操競技選手権大会」は、

5/31(日)19時〜20時クラスWが最後の放送となりました。

東京五輪への期待もかかるジュニア選手達の奮闘を

お届け出来ましたこの機会はとても勉強になりました。


第5回横浜カップ (1).jpg


昨年に引き続き実況を担当させて頂きましたこの番組。

5/1(金)〜5/15(金)は男女クラスV

(高校生以下中心)

5/16(土)〜5/31(日)は男女クラスWの模様を放送。

(高校生中心)


第5回横浜カップ (11)@.jpg


鶴見ジュニア体操クラブと言えば、

2013年の体操世界選手権アントワープ大会のゆか王者である、

白井健三選手を輩出した事で一躍名を知られるようになり、

その代表を務められているのがお父様の白井勝晃さん。


第5回横浜カップ (2)@.jpg


そんな白井さんが、

5年前に横浜ジュニアカップを創設された訳ですが、

その理由は、地域貢献、青少年の健全育成が

ベースにあっての事だと強く感じます。


第5回横浜カップ (5)@.jpg


スポーツは「静」と「動」の競技に大別されます。

そんな中で「静」の競技の代表格が体操だと言えます。


第5回横浜カップ (13).JPG


「静」の競技は独特の間合いと緊張感が大きい。

体操も例に漏れずそうで、

選手が本番の舞台で決めに行く時のあの精神性は、

まるで「居合い抜き」の様だと感じます。


第5回横浜カップ (8)@.jpg


そう考えると、

武士道にも通じる居合いのような精神性がある体操競技は、

青少年の健全育成に良いのは基より、

そもそも日本人に向いているのだろうと感じたりも致します。


第5回横浜カップ (7)@.jpg


横浜カップは昨年の第4回大会では、

カナダのチームを招聘するなどし、

グローバルに展開しており、

今後も益々それに拍車がかかると思いますが、

ベースにある青少年の健全育成という部分を、

常に全うしようとなさる白井さんの姿勢に、

感銘いたします。


第5回横浜カップ (9)@.jpg


世界で勝てる男「白井健三」は、

鶴見ジュニア体操クラブの代名詞ですが、

そんな選手を輩出した最たるものは、

健やかな精神だったのだと、

お仕事をご一緒させて頂く毎に、

感じるのでありました。




posted by tetsu at 19:00| Comment(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。